対策効果の大きい商品として、「逓増定期保険」「長期平準定期保険」「法人がん保険」「養老保険」などがあります。
どれが最適かは、法人様の状況によって変わります。
注目してご検討頂きたいのは、「保障と保険料のバランス」と「解約返戻率」の推移です。
「解約返戻金」だけで判断しがちですが、割安の保険料で高い解約返戻金を得られる商品を選ぶのが理想です。