個人の相続対策の場合、よくご活用されるのは「終身保険」です。
「終身保険」では終身の保障を確保できます。
また、年齢によって払込保険料累計よりも受け取る「保険金」の方が大きくなります。
「生前贈与」を活用しながら、「契約者」=ご子息、「被保険者」=父親、「保険金受取人」=ご子息
という契約形態で対策される経営者様は多くいらっしゃいます。